韓国語で『鍋』は『チゲ』だけじゃない?!

2021年8月24日

韓国語で鍋は、찌개(チゲ)だけだと思っていませんか?

「鍋を食べよう♪」と思ってお店に入って、料理名に「찌개(チゲ)」が入っているものだけが選択肢だとしたらもったいない!

実は찌개(チゲ)以外にも韓国には鍋の種類はたくさんあるんです!

知っていれば選択の幅が広がる、韓国の鍋の種類とそれぞれの特徴をご紹介します♪

基本の찌개(チゲ)

찌개(チゲ)の定義は、スープと具の比率が1:2、つまり具が鍋の中に2/3程度入ったものがチゲです。

主なチゲの種類

된장찌개(テンジャンチゲ)

味噌汁に近いが、味噌汁より具が多く塩気が強い。辛い事が多いので、子供と食べるときは事前に確認が必要。焼肉の後の定番メニュー。

순두부찌개(スンドゥブチゲ)

スンドゥブは日本のおぼろ豆腐に相当する柔らかい豆腐。アサリやシジミ等魚介をベースとするものが多い。
基本は真っ赤なスープだが、専門店に行けば白いスープの辛くないスンドゥブも食べることができる。

김치찌개(キムチチゲ)

韓国の鍋と言えば外せないキムチチゲ。メイン具材のキムチに豚肉を合わせるのが基本だが、ツナやスパムなどキムチに合えば何でもOK。

생선찌개(センソンチゲ)
センソンとは魚の事。センソンチゲに使われる魚はイシモチ・太刀魚・タラなど。地域によってコチュジャンを入れるか入れないかが分かれる。

청국장찌개(チョングッジャンチゲ)

納豆の様な発酵させた大豆を使った鍋。独特の匂いがあるので韓国人でも好き嫌いが分かれる。味噌ベースだがお店によっては辛い。


탕(タン)

チゲよりもスープが多く、スープと具の比率が1:1程度の物を「탕(タン)」と呼びます。

タンは鍋と汁ものの中間なので、これを鍋として扱うな!と思う方もいるかもしれませんが、割と具も多く酒のつまみになるので個人的にここまでは鍋の部類だと思ってます。

これよりもっとスープが多く、スープと具の比率が2:1になると「국(クㇰ)」になり完全に汁物。酒のつまみにはちょっと厳しくなります。

主なタンの種類

감자탕(カムジャタン)

豚の背骨とその周りのお肉を使ったもの。
カムジャはじゃが芋を意味する。
昔は「脊髄」をカムジャと呼んでいたことからこの名前になった訳で、本来じゃが芋は関係ない。よってじゃが芋が入っていないカムジャタンを出す店もある。

作り方はこちら→キムチ入りカムジャタン

삼계탕(サムゲタン)

薬膳効果で体の中から元気になれる参鶏湯。
「복날(ボンナル)」という、日本で言うところの「土用の丑の日」があり、その日は参鶏湯を食べ暑気払いをする。

어묵탕(オモㇰタン)

日本の「おでん」とほぼ同じだが、具はほぼ練り物だけで具材のバラエティでは日本には遠く及ばない。居酒屋の定番メニュー。

매운탕(メウンタン)

直訳すると「辛いスープ」。
普通は刺身を注文した際に残ったアラなどを使って作ってくれる。
魚専門店以外ではあまり出会えないメニュー。

알탕(アㇽタン)

たらこと白子が入った辛いスープ。居酒屋定番メニューのひとつ。

갈비탕(カルビタン)

骨付きカルビ肉を長時間じっくり煮込んだスープ。透き通ったスープには牛骨から出た旨味がたっぷり。

전골(ジョンゴㇽ)

スープの量はチゲの定義と同じです。

チゲが家庭料理だとしたら、ジョンゴㇽはおもてなし料理。

お客さんに出す事が前提なので、材料は綺麗に整えて鍋に入れ、コンロや火鉢などを使って目の前で煮て食べます。

主なジョンゴ

부대찌개(ブデチゲ)

名前はチゲだが分類としては전골(ジョンゴㇽ)。ブデは漢字で「部隊」。戦後の食糧難の中、米軍を通して手に入れる事の出来たスパムやソーセージなどの材料を使って鍋を作ったのが起源。

만두전골(マンドゥジョンゴㇽ)

マンドゥとは餃子のこと。チャプチェ麺の入った韓国餃子とたっぷり野菜の鍋。

作り方はこちら→マンドゥジョンゴル(餃子鍋)

버섯전골(ボソッジョンゴㇽ)

버섯はキノコ。日本の鍋の様に醤油味ベースもあればコチュジャンで辛く味付けしたものもある。一緒に牛肉を入れることも多い。

作り方はこちら→ソコギボソッジョンゴル(牛肉ときのこの韓国風鍋)

  • 순대전골(スンデジョンゴㇽ):スンデとは豚の腸の中に野菜やチャプチェの麺などを詰めて蒸した韓国式ソーセージ。コチュジャンで味付けされた辛いジョンゴル。

  • 두부전골(トゥブジョンゴㇽ):トゥブは豆腐のこと。豆腐以外の具は野菜・肉・魚介なんでもありなので、豆腐がたくさん入った寄せ鍋といったところ。

짜글이(チャグリ)

짜글이(チャグリ)

豚肉とじゃが芋や玉ねぎなどをコチュジャンベースの辛いスープで煮詰めたもの。煮詰めるのでチゲよりやや水分量が少ない。
ご飯と混ぜて食べたり、レタスで巻いて食べたり、酒のつまみにも人気。

その他

  • 육개장(ユッケジャン):分類としてはスープらしいのですが、ギリギリつまみになるので参考までに。鍋かスープかの基準が「酒のつまみになるか」ですみません。。
    もともとは「개(ケ)=犬」の肉を使ったスープの「개장(ケジャン)」があり、そこに牛肉を意味する「육(ユㇰ)」をつけて「牛肉を使って犬肉スープの様に作ったスープ」を表しました。
    親戚に、鶏を意味する「닭(タㇰ)」で作った「닭개장(タㇰケジャン)」もあり、牛よりさっぱりした淡白な味わいでこちらも美味しいです。


  • 두루치기(トゥㇽチゲ):トゥㇽチゲは炒め物と鍋との中間と定義されています。鍋であらかじめ炒めた具材にスープを加え煮込むのが特徴です。
    チゲに近かったりほぼ炒め物だったり、地域や店によって水分量がまちまちですので、「今日は絶対鍋!」という気分の日は避けた方が無難かも知れません。