具がたっぷり! ケランマリ(韓国風卵焼き)

2021年8月24日

韓国の卵焼きは具がたっぷり。そしてなぜかナナメに切るのが韓国流です。

卵焼きは各家庭の味があり「しょっぱい派」と「甘い派」に分かれますが、私は子供のころからずーっと「しょっぱい派」!なので、「甘い派」の方は砂糖の量を増やして調整してください。

卵と言えば、韓国の卵は賞味期限が約1か月と、日本よりずっと長いんです。品種が違うのか?食品衛生の基準が違うのか?韓国に来た当初はとても不思議でしたが、実はこういう理由でした。

日本では生で食べる事を想定して賞味期限を設定している為、賞味期限は約1週間と短く、韓国では生で食べる事はほとんどなく、過熱を前提としているので賞味期限が長いという訳です。

卵の賞味期限が切れてしまったと捨ててしまっていた方!実は火を通せば卵は約1か月食べる事ができるので捨てないで🍳!実際に食べてますが、全然問題ありません!

さらに卵ネタでもうひとつ。

韓国の卵はほとんどが殻が茶色い赤玉です。主人はアメリカ留学中、生まれて初めて白い殻の卵を見て驚いたと言っていました。

赤玉も白玉も栄養素は変わらなく、生産者がどちらのタイプの鶏を選んで育てるかによるので、産地も関係ありません。

赤玉より白玉の方が殻が若干薄く、また白玉は汚れが目立つ為、韓国の養鶏者の間では赤玉の方が人気なのだそうです。

…と、話がだいぶそれましたね💦

話を戻して、「ケランマリ(韓国風卵焼き)」の作り方を見ていきましょう♪

ケランマリ(韓国風卵焼き)

材料
  • 卵 4個
  • カニカマ 2本
  • 長ネギ 3㎝くらい
  • 玉ねぎ 1/4個
ヤンニョム(味付け)
  • 牛乳 大さじ2
  • マヨネーズ 大さじ1/2
  • ダシダ 小さじ1/2
  • 砂糖 小さじ1/4
  • 塩 小さじ1/4

1. カニカマ・長ネギ・玉ねぎはみじん切りにする。


2. ボウルに卵4個を割り入れ、ヤンニョムの材料をすべて加えよく混ぜる。


3. 熱したフライパンに油を引き、卵を薄く流し入れ、ある程度火が通ったらクルクル巻いていく。


卵料理には、マヨネーズを少し加えることでふんわりした食感を出す事ができます。

切る時はナナメに(柵のお刺身を切る時の様に)切ると韓国風になります。なんでナナメに切るのか定かではありませんが、切り口の面積が大きくなるので量が多く見える…とかでしょうか?

味付けは韓国を代表する調味料「ダシダ」でラクチン。後1品足りない!って時に作ると、こっちがメインかの様にすぐになくなってしまう、家族全員大好きな卵焼き。ぜひ一度お試しください♪

ダシダを使った「やみつきキャベツ★ダシダソース」もおすすめ!

さて、韓国料理でお腹がいっぱいになったら、韓国気分が消え去る前に韓国ドラマを見てどっぷり韓国に浸かっちゃいましょう♪

韓国ドラマを見るなら、断然「U-NEXT」がおすすめ!最新ドラマから名作ドラマまで韓国ドラマの数は業界最多。まずは31日間無料トライアルでお試しを!