あっさりしてるのにコクがある「牛肉と大根のスープ」

給食で月イチくらいのペースで登場する「牛肉と大根のスープ」。韓国の家庭でもよく作られる定番のスープです。

牛肉から出る出汁で、あっさりなのにコクの深い味わい。

牛肉の部位は「バラ」や「トモバラ」と呼ばれるお腹の部分の柔らかく適度に脂ののった部位を使います。スーパーで「切り落とし」として売られているのを使っても大丈夫です。

旨味の濃い牛肉の出汁を取るポイントは、最初に肉を炒める時、弱〜中火でじっくりと火を通してしっかり肉汁を出すこと。

そしてもう一つ大事なのが、スープを加え煮たてた時に浮いてくる、アクやごま油を綺麗に取り除くこと。何も浮いていない状態にすることで、雑味のないスッキリした味に仕上がります。

では早速、「牛肉と大根のスープ」の作り方を見ていきましょう♪

あっさりしてるのにコクがある「牛肉と大根のスープ」

材料(4人分)
  • 牛肉‥‥100g
  • 大根‥‥200g
  • 長ねぎ‥‥10㎝くらい
  • 水‥‥800㎖
  • ごま油‥‥大さじ1/2
ヤンニョム(味付け)
  • 薄口しょうゆ‥‥大さじ1/2
  • ニンニクみじん切り‥‥大さじ1/2
  • 酒‥‥大さじ1/2
  • 塩‥‥少々
  • コショウ‥‥少々

1. 
水800㎖に昆布や煮干しを入れ出汁を取っておく。(昆布がきれてて今日は煮干しのみです)


2.
牛肉は水に浸けて血を抜いておく。
大根は薄くスライスして食べやすい大きさに、長ネギは小口切りしておく。


3.
キッチンペーパーで牛肉の水気をしっかり取った後、醤油・ニンニク・酒・各大さじ1/2で下味をつける。


4.
熱した鍋にごま油大さじ1/2を入れ、3の牛肉を炒める。
※弱〜中火でじっくり!!


5.
牛肉に火が通ったら、大根を加えさらに炒める。


6.
1のだし汁を注ぎ入れ、ぐつぐつ煮込みながら、浮いてきたアクやごま油をキレイに取り除く。


7.
仕上げに塩で味を整え、ネギとコショウを加えてひと煮立ちさせたら完成!


ネギが苦手な方は、ネギを入れる前の状態でも美味しいくいただけます。ネギを加えるとまた味に変化がありますので、そこはお好みでどうぞ。

韓国の家庭でホントによく作られるスープなだけに、各家庭でアレンジも多彩です。

基本は今回ご紹介した牛肉・大根・長ネギで、そこに卵・キノコ類・白菜・豆もやし等を加える家庭もあれば、唐辛子を入れて辛くする家庭もあります。

みなさんも好きな材料で色々アレンジして、自分だけの「牛肉と大根のスープ」を作ってみて下さい♪

その他の韓国のスープのレシピはこちらから↓↓

さて、韓国料理でお腹がいっぱいになったら、韓国気分が消え去る前に韓国ドラマを見てどっぷり韓国に浸かっちゃいましょう♪

韓国ドラマを見るなら、断然「U-NEXT」がおすすめ!最新ドラマから名作ドラマまで韓国ドラマの数は業界最多。まずは31日間無料トライアルでお試しを!